元慶寺の御朱印には天皇家の菊の紋章が押印されている訳とは!?

Facebook にシェア

LINEで送る
Pocket



西國三十三所 番外札所 元慶寺(がんけいじ)は、877年(元慶元年)桓武天皇の孫 遍昭僧正(へんじょうそうじょう)(花山法皇とも呼ばれる)によって建立されました。
花山天皇は、円融天皇のあと、17歳で即位しましたが、藤原兼家の策略にあい出家させられ遍昭僧正(花山法皇)となりました。出家された花山法皇は、徳道上人のあと300年近く絶えていた西國三十三所 巡礼を再興され方でもあります。
元慶寺は、一時は隆盛をきわめたこともありましたが、現在は周りがのどかな田んぼに囲まれた小寺になってしまっています。
その元慶寺には今も花山法皇の宸影(しんえい)が安置されています。ご本尊は薬師瑠璃光如来です。
そこで今回は元慶寺の御朱印の紹介や天皇家の菊の紋章が押印されている理由をご紹介致します。

元慶寺

元慶寺の御朱印には天皇家の菊の紋章が押印されている訳とは!?

元慶寺の御朱印

ご覧のとおり、元慶寺の御朱印には天皇家の菊の紋章が押印されています。
その訳は、元慶寺は天皇家ゆかりのお寺だからです。
と言うのも元慶寺を建立された花山法皇は17歳で即位された第65代天皇 花山天皇なんです。
しかも花山天皇が出家されたお寺でもあるんです。
天皇家とゆかりのあるお寺だから御朱印に菊の紋章が押印されているんです。

御詠歌

待てといわばいともかしこし花山(はなやま)にしばしと啼(な)かん鳥の音もがな

 

これだけは見逃すな!元慶寺の境内お勧めポイント

西国三十三所番外札所 元慶寺には、山門や本堂などぜひご覧頂きたいお勧めポイントがあります。そこで、元慶寺の境内お勧めポイントをご紹介致します。

 オススメのポイント1 山門

元慶寺

山門はあまり見かけない竜宮造りになっています。

 

 オススメのポイント2 本堂

元慶寺の本堂

山門をくぐると正面に納経所、左手に「本堂」があります。

西國三十三所 番外札所 元慶寺の情報
 宗派  天台宗
 開基  遍昭僧正
 御本尊  薬師瑠璃光如来
 創建  877年(元慶元年)
 住所  京都府山科区北花山河原町13
 拝観料(入山料)  無料
 駐車場  有り 無料(2台のみ駐車可)
 拝観時間  8:00~17:00
 納経時間  8:00~17:00
 電話  075-581-0183

 

コメントを残す