岩間寺の御朱印に雷神がご本尊にひざまづいている印がある!その訳は?

Facebook にシェア

LINEで送る
Pocket



西國三十三所  12番札所 正法寺(しょうほうじ)は岩間山にあることから別名岩間寺とも呼ばれているます。
岩間寺は、西國三十三所  12番札所のほか、ぼけ封じ観音第4番札所でもあります。
この岩間寺の御朱印には、雷神がご本尊である千手観世音菩薩にひざまづいている印が押されています。
その雷神がひざまづく理由が寺伝にありました。
そこで今回は、その雷神がひざまづく理由と御朱印、岩間寺の境内お勧めポイントをご紹介致します。
西國三十三所  12番札所 岩間寺

 

岩間寺の御朱印に雷神がご本尊にひざまづいている印がある!その訳は?

岩間寺の御朱印

岩間寺の御朱印に雷神がご本尊にひざまづいている印があります。
この印が押されているのにはこのような理由がありました。


養老6年(722)年 開基 泰澄大師が岩間寺を霊地と定め、堂宇(堂の軒)を建立し、柱の大木で彫刻した千手観世音菩薩を安置したところ、度々の落雷によって堂は焼かれてしまった。泰澄大師は雷神を縛り上げ、今後は決して落ちないこと、岩間寺への参拝者には雷火の災いを除くことを誓わせ清水を湧くようにさせました。それ以来、毎年4月17日には雷神祭が催されるようになりました。


このような理由から雷神がご本尊にひざまづいている印が御朱印に押されているんです(^^♪ 本堂では雷除けのお守りやお札も販売されています。

こちらが岩間寺の御詠歌です。

御詠歌

みなかみは いづくなるらん いわまでら きしうつなみは まつかぜのおと

 

これだけは見逃すな!岩間寺の境内お勧めポイント

西国三十三所番外札所 岩間寺には、本堂や芭蕉の池、西国霊場お砂踏み、護法龍王拝殿などぜひご覧頂きたいお勧めポイントがあります。そこで、岩間寺の境内お勧めポイントをご紹介致します。

 オススメのポイント1 本堂

岩間寺の本堂

御本尊 金銅千手観音立像が安置されています。
この御本尊は、毎夜日没時に厨子を抜け出て人々を救済し、日の出とともに岩間山へ戻る頃には汗まみれくとなっていることから汗かき観音」とも呼ばれています。
残念ながら秘仏のため見ることはできません。

 

 オススメのポイント2 芭蕉の池

岩間寺 芭蕉の池

岩間寺 芭蕉の池

芭蕉の池は、あの有名な句「古池や蛙飛び込む池の音」を詠んだ場所と言われています。

 

 オススメのポイント3 西国霊場お砂踏み

岩間寺 西国霊場お砂踏み

岩間寺 西国霊場お砂踏み

岩間寺 西国霊場お砂踏み

岩間寺 西国霊場お砂踏み

岩間寺 西国霊場お砂踏み

岩間寺 西国霊場お砂踏み

西国霊場お砂踏みが本堂の奥にあります。
この「お砂踏み」とは、西国33所全ての札所が集められていて、そのお砂を踏むことで巡礼した時と同じ功徳を得られると言われています。

 

 オススメのポイント4 護法龍王拝殿

護法龍王拝殿
護法龍王拝殿には、九頭龍龍王、白龍龍王、七面弁財天ら岩間山に鎮座されている神が祀られています。
長寿のご利益を頂けるそうです。

 

西國三十三所  12番札所 岩間寺の情報
 宗派  真言宗醍醐派
 開基  泰澄大師
 御本尊  千手観世音菩薩
 創建  養老6(722)年
 住所  〒520-0869 滋賀県大津市石山内畑町82
 拝観料(入山料)  500円
 駐車場  有り 無料
 拝観時間  9:00~16:30
 納経時間  9:00~16:30
 電話  077-534-2412

 

コメントを残す