粉河寺の枯山水の石庭が素晴らしいと評判!御朱印も頂きました♪

西國三十三所 3番札所 粉河寺は和歌山県紀の川市にあるお寺です。
大門から本堂までは役300メートルですが途中に太子堂や念佛堂、童男堂、六角堂、丈六堂などがあります。
また、粉河寺の入り口である大門は、横幅12.48メートル、奥行きが7.48メートルの大きさをほこります。
大門の左右には仁王像が立っています。
さらに境内の中ほどには中門があり、左右前後に四天王の仏像が立っています。
そんな立派で歴史のある粉河寺ですが本堂前の左右にある枯山水の石庭は全国的に有名で1970年4月23日に国指定 名勝粉河寺庭園に指定されました。
今回はその名勝粉河寺庭園を中心に粉河寺の魅力をご紹介致します。

西國三十三所 3番札所 粉河寺

粉河寺の枯山水の石庭が素晴らしいと評判!

西國三十三所 3番札所 粉河寺は和歌山県紀の川市にあるお寺です。
西國三十三所の札所として全国的に有名ですが、そのほか桃山時代に作られた枯山水の石庭も有名で、他のお寺や庭園では類を見ない珍しいものです。
1970年4月23日に国指定 名勝粉河寺庭園に指定されています。
この石庭は本堂の手前の左右に桃山時代に作られました。
使用されている紀州石は雑賀崎の青石(緑泥岩)、琴浦の紫石(紅簾片岩)、竜門山の竜門石の名石が用いられています。
その石庭は巨大かつ豪快で迫力があります。
西國三十三所 3番札所 粉河寺の枯山水の石庭

「粉河寺の枯山水の石庭が素晴らしいと評判!御朱印も頂きました♪」の続きを読む…