紀三井寺の御朱印には桜が押印!男厄除と女厄除けのある階段とは!?

西国三十三所 2番札所 紀三井寺の御朱印には桜が押印されています。これは紀三井寺は桜の名所としても有名でソメイヨシノやヤマザクラをはじめ約500本もの桜が境内に植えられていることから御朱印にも桜が記されるようになったようです。
花見の頃には和歌山県内だけではなく他府県からも多くの人で賑わいます。
そんな紀三井寺には他の札所では見られない男厄除坂女厄除坂還暦厄坂という3つの階段があります。
実は、「坂」と言いつつ「階段」です。
男厄除坂の階段は42段、女厄除坂の階段は33段、還暦厄坂は60段です。
それぞの階段の段数がちょうど大厄の年齢と一緒です。
男なら42歳、女性なら33歳。
ご本尊の十一面観世音菩薩様は、厄除にご霊験あらたかとされていることがから階段を登ることで厄除のご利益があるといわれています。

紀三井寺

 

紀三井寺の御朱印と御詠歌 御朱印には桜が押印

紀三井寺の御朱印です。
左端には桜が押印されています♪
紀三井寺の御朱印

御詠歌

ふるさとを はるばるここに 紀三井寺 花の都も 近くなるらん

「紀三井寺の御朱印には桜が押印!男厄除と女厄除けのある階段とは!?」の続きを読む…