中山寺は安産祈願のお寺、お宮参りや七五三のお参りも

中山寺は西國三十三所 24番札所で古くから安産祈願の霊場としても有名です。
50歳を過ぎても世継ぎができなかった豊臣秀吉が中山寺で熱心に祈願したところ秀頼を授かりました。
また、幕末期、中山一位局が明治天皇を出産する時に、安産祈願して無事出産したことから、日本唯一の明治天皇勅願所となり、安産の寺として知られるようにもなりました。
中山寺は、古くから今日まで安産祈願の霊場として皇室や豊臣秀吉など武家、庶民より深く信仰を集めているお寺なんです。
そんな子授け祈願や安産祈願で、お宮参り、七五三で多くの人で賑わう中山寺をご紹介致します。
西國三十三所 24番札所 中山寺

中山寺は安産祈願のお寺、お宮参りや七五三のお参りも

中山寺の五重塔

中山寺は西國三十三所 24番札所で古くから安産祈願の霊場としても有名で、地元の方からは中山さんと呼ばれ親しまれています。
この中山寺は聖徳太子が建立したとされる日本最初の観音霊場です。
そのため、現在は西國三十三所 24番札所となっていますが、昔は中山寺が西國三十三所の1番札所でした。
この中山寺は安産祈願のお寺でも有名で、様々な逸話が残っています。
その一つが豊臣秀吉で、50歳を過ぎても世継ぎができなかった豊臣秀吉が中山寺で熱心に祈願したところ秀頼を授かったそうです。
また、幕末期、中山一位局が明治天皇を出産する時に、安産祈願して無事出産されたそうです。
その後、日本唯一の明治天皇勅願所となり、安産の寺として知られるようにもなりました。

 

中山寺の御朱印と御詠歌

中山寺の御朱印です。
御朱印には安産祈願の印が左上に押印されています。
料金は¥300円です。
中山寺の御朱印

 

御詠歌

野をもすぎ 里をもゆきて 中山の 寺へ参るは 後の世のため

「中山寺は安産祈願のお寺、お宮参りや七五三のお参りも」の続きを読む…