岡寺は厄除け発祥の地、塑像仏像は日本最大で最古!御朱印もご紹介

岡寺は厄除け発祥の地でその逸話が現在まで語り伝えられています。
そのため境内には、護摩をはじめ数々の厄除けの御守りが販売されています。
岡寺の本尊の如意輪観音像は、重要文化財で、塑像(そぞう)では日本最大、如意輪観音では日本最古の作品です。
ちなみに塑像(そぞう)とは、粘土や石膏(せっこう)を材料として作られた像を意味しています。
また、如意輪とは、『物事を自分の意のごとくかなえて頂ける』との意味です。
こんな魅力的な岡寺の御朱印やご本尊をご紹介致します。
また、現在に伝わる厄除けの逸話もご紹介致します。
岡寺の本堂

西國三十三所 7番札所 岡寺の御朱印と御詠歌

西國三十三所 7番札所 岡寺の御朱印です。
左下には岡寺の正式名称「龍蓋寺(りゅうがいじ)」と押印されています。
御朱印の料金は¥300円です。
岡寺の御朱印

 

御詠歌

けさ見れば つゆ岡寺の 庭の苔 さながら瑠璃の 光なりけり

「岡寺は厄除け発祥の地、塑像仏像は日本最大で最古!御朱印もご紹介」の続きを読む…