うなぎの効果は疲労回復だけじゃない!亜鉛で精子の量を増やす!

Facebook にシェア

LINEで送る
Pocket


うなぎの効果は疲労回復だけじゃない!亜鉛で精子の量を増やす!

 

うなぎの効果は疲労回復だけではありません。
うなぎに含まれる亜鉛が精子を作ったり男性ホルモンを活発に分泌する働きもあるのです。

夏に『土用の丑の日』といって鰻をたべますよね。
あれは、夏の暑さを乗り切るためにうなぎに含まれるビタミンB1を摂取することで疲労回復が見込まれるためなんですね。
ビタミンB1には疲労回復や食用増進といった働きがあるんですよ。

またうなぎにはセレンという栄養素が含まれていて勃起力を増強してくれます。
というのもこのセレンは血管拡張作用があり、血管の拡張や血液の流れをよくする働きがあります。
ペニスは血液がペニスに流入することで固くなったり大きくなります。
そのペニスにさらに多くの血液が流入したらもっとペニスが固くなって大きくなりまよね。
ですのでセレンを摂取すると、ペニスに血管拡張作用が働きより多くの血液が流入するといった訳なんです。
その結果、ペニスがより固く、より大きくなるということなんです(^^♪

 うなぎはこんな方にオススメ!
 

 精子を量産してSEXを盛り上げたい人
 子供が欲しい人
 疲労回復して激しいSEXがしたい人

うなぎに含まれる亜鉛が精子を作ったり男性ホルモンを活発に分泌する働きで精子を増産できます。
精子を量産したい人や、子供が欲しいので精子を増やしたいという人にうなぎはおすすめです。
また、疲れがとれなくてHをする気にもなれない人にうなぎはオススメです。
うなぎに含まれているビタミンB1を摂取することで疲労回復にも効果があるのです。

 うなぎの食べ方の注意点
 

多くの方は調理したうなぎを口にされるかと思いますが、生から調理をする場合は60度で5分以上加熱する必要があります。
これは、うなぎの血液の中に『イクチオヘモトキシン』という毒素が含まれているからなんです。
この毒素を死滅されるために60度で5分以上加熱することが必要なんです。

また、うなぎにはビタミンA(別名レチノイド)が多く含まれています。
このビタミンAは脂に溶けやすい種類のビタミンで腸から効率よく吸収されます。
が、逆に排出されにくいので過剰摂取の注意が必要なビタミンです。

妊婦の方が過剰摂取をすると催奇形性の可能性もあるようですので食べすぎには注意しましょう。

 

 うなぎの食べ方や調理方法は!?
 

うなぎの食べ方は、『うな丼』や『かば焼き』、『う巻き』、『お寿司』などがあります。
スーパーなどで1尾 1,500円前後から購入することができます。
また鰻の専門店でなくても、『すき家』や『吉野家』でも1,000円を切る手軽さで美味しく食べることができます。

 

※1回の食事で改善されるわけではありません。毎日継続して適量でバランスの良い美味しい食事から栄養を摂取しましょう。

 

コメントを残す