スポンサードリンク

勝尾寺の御朱印には「だるま」が押印!「だるま」の意味とは!?

西國三十三所 23番札所 勝尾寺に入山されると広大で綺麗な庭園の風景が広がります。その勝尾寺に入山されると境内のあちらこちらで大小さまざまな「だるま」を見かけます。
大きいものから小さな「だるま」まで、建物の隙間や参道の石の上、隙間に「だるま」が置かれています。
また勝尾寺の御朱印にも「だるま」が押印されています。
実は勝尾寺は「だるま」と縁がありそこには意味があったんです。
そこで今回は、勝尾寺と「だるま」の意味や御朱印をご紹介致します。
勝尾寺の勝運ダルマ(かちうん)

勝尾寺の御朱印には「だるま」が押印!「だるま」の意味とは!?

勝尾寺の御朱印

勝尾寺に入山されると境内のあちらこちらで大小さまざまな「だるま」を見かけます。
大きい「だるま」から小さな「だるま」まで、建物の隙間や参道の石の上、隙間に「だるま」が置かれています。
勝尾寺の御朱印にも「だるま」が押印されています。
このダルマは、『勝運ダルマ(かちうん)』と呼ばれています。
それは、平安時代、この寺の祈願力に時の朝廷 清和天皇の権力が及ばなかったことから「勝王寺」とも呼ばれ、勝運信仰が始まりました。
この勝運だるまの大きさでご利益が決まる訳ではなく、この勝運だるまは、「あなた自身の映し鏡」とされています。

成就したいと思うことに日々努力しているか
ご両親やご先祖様、周囲の人たちに感謝しているか
自身の命を懸命に生きているのか
などなど己に勝ち、願いを成就させることがこの『勝運だるま』のお教えなんです。


ご朱印代金は¥300円です。

また、西國三十三所 23番札所 勝尾寺もご紹介致します。

御詠歌

重くとも 罪には法の 勝尾寺 ほとけを頼む 身こそやすけれ

 

これだけは見逃すな!勝尾寺の境内お勧めポイント

西國三十三所 23番札所 勝尾寺には、本堂や山門、大師堂、三寶荒神社(さんぽうこうじんじゃ)、二階堂、多宝塔、弁天堂、パワースポットなどぜひご覧頂きたいお勧めポイントがあります。そこで、勝尾寺の境内お勧めポイントをご紹介致します。

 オススメのポイント1 山門

勝尾寺の山門

山門の左右には仁王立像があります。
山門をくぐると弁天池があり、山の霊水が霧状に吹き出していて、その中を進んで行くと自然と心が和みます。

 オススメのポイント2 本堂
勝尾寺の本堂

ご本尊は十一面千手観世音菩薩です。
毎月18日観音縁日法要があり、この日だけご本尊がご開帳されます。

 オススメのポイント3 大師堂

勝尾寺の大師堂

この大師堂を取り込むように四国八十八か所すべてのお砂踏みがあります。

勝尾寺の大師堂にある四国八十八か所のお砂踏み

 

 オススメのポイント4 三寶荒神社(さんぽうこうじんじゃ)

勝尾寺の三寶荒神社(さんぽうこうじんじゃ)

厄払い荒神様です。
勝尾寺は厄払いでも有名で多くの方がお参りに来られています。
また、境内にはお祈りや護摩のお経が絶えることなく流れています。

 

 オススメのポイント5 二階堂

勝尾寺の二階堂

二階堂は、浄土宗の開祖 法然上人(ほうねんしょうにん)の最後の修行の地で約4年間過ごしました。

 

 オススメのポイント6 多宝塔

勝尾寺の多宝塔

二階堂の前を通って降りて行くと多宝塔があります。
軒下には動物の彫物がある細かい細工がされている多宝塔です。

 

 オススメのポイント7 弁天堂

勝尾寺の弁天堂

多宝塔からゆるい坂道を降りると、目の前には弁天池の中に浮かぶ弁財天のお社『弁天堂』があります。

 

 オススメのポイント8 パワースポット 知恵の環

勝尾寺のパワースポット 知恵の環

弁天堂のすぐそばには、大自然から力をもらえるパワースポット『知恵の環』があります。

 

西國三十三所 23番外札 勝尾寺の情報
 宗派  真言宗
 開基  開成皇子
 御本尊  十一面千手観世音菩薩
 創建  神亀4(724)年
 住所  〒562-8508 大阪府箕面市勝尾寺
 拝観料(入山料)  一般大人400円 子供 (小・中)300円
 駐車場  有 (約350台)※普通車の場合 2時間¥500円、小型・マイクロバスは¥1000円です。以降1時間毎に100円が追加。
 拝観時間  平日 8:00~17:00/土 8:00~17:30/日祝 8:00~18:00
 納経時間  平日 8:00~17:00/土 8:00~17:30/日祝 8:00~18:00
 電話  072-721-7010

 

総持寺の御朱印に、なぜ亀に乗った少年が押印されているの?

西國三十三所 22番札所 総持寺は大阪府茨木市にあります。
この総持寺の御朱印は他の寺院では見かけない珍しい御朱印で亀に乗った少年が押印されてます。
また、総持寺の秘仏である御本尊 千手千眼観世音菩薩様も亀と関係があるんです。
そうなんです、実は総持寺は亀ととても縁深いお寺なんです。
そこで総持寺の御朱印に、なぜ亀に乗った少年が押印されているのか、御本尊 千手千眼観世音菩薩様と亀の関係とはもご紹介致します。
西國三十三所 22番札所 総持寺

総持寺の御朱印に、なぜ亀に乗った少年が押印されている?

 
総持寺の御朱印に、なぜ亀に乗った少年が押印されているの? また、総持寺の秘仏である御本尊 千手千眼観世音菩薩様と亀との関係は?


総持寺の御朱印

総持寺の御朱印の左上に亀に乗った少年の印が押されています。
この子供は、総持寺を建てられてた藤原山蔭(ふじわらのやまかげ)です。
なぜ藤原山蔭が亀に乗っているのかと言うと、藤原山蔭が幼い頃、大阪の淀川で溺れかけた時に、父が以前助けた亀に藤原山蔭が助けられたことから亀に縁があり、印にも利用をされているんです。
この亀の恩返しの説話は今昔物語にも記されています。
亀は秘仏である御本尊 千手千眼観世音菩薩 をも乗せています。
通常、千手千眼観世音菩薩は蓮(はす)の上に乗られているものですが、ここ総持寺の御本尊は亀に乗られていて非常に珍しい御本尊です。

 

御詠歌

おしなべて 老いも若きも 総持寺の ほとけの誓い 頼まぬはなし

 

これだけは見逃すな!総持寺の境内お勧めポイント

西國三十三所 22番札所 総持寺には、本堂はじめ山門、大師堂、普悲観音堂、金堂、大師堂、宝蔵、鎮守社など多くの建物や仏像を拝観することができます。
どれも貴重で有難いものばかりです。
そこで、総持寺の境内お勧めポイントをご紹介致します。

 オススメのポイント1 山門

山門の両脇には仁王立像があります。
現在の山門は戦国時代にほとんどが焼けてしまったため、18世紀初頭に造られたものです。
総持寺の山門

 オススメのポイント2 本堂

山門をとおり抜けると目の前に本堂があります。
御本尊 千手千眼観世音菩薩が祀られています。
西國三十三所 22番札所 総持寺

 オススメのポイント3 普悲観音堂

ぼけ封じの普悲観音像が中央に立たられている普悲観音堂には、西国三十三ヶ所と四国八十八ヶ所のすべての札所のご本尊を刻んだ石仏がならんでいます。
総持寺の普悲観音堂

総持寺の普悲観音堂

 オススメのポイント4 金堂

金堂には薬師如来像が祀られています。
総持寺の金堂

 オススメのポイント5 宝蔵

宝蔵は日本最小のあぜくら作りの建物です。
総持寺の宝蔵

 オススメのポイント6 鎮守社(ちんじゅしゃ)

豊かな装飾でとても貴重な建物です。
総持寺の鎮守社(ちんじゅしゃ)

 

西國三十三所 22番外札 総持寺の情報
 宗派  高野山真言宗
 開基  中納言藤原山蔭
 御本尊  千手観世音菩薩
 創建  寛平2(890)年
 住所  〒567-0801 大阪府茨木市総持寺1-6-1
 拝観料(入山料)  無料
 駐車場  有 (約20台)有料のコインパーキングになります。
 拝観時間  6:00~17:00
 納経時間  8:00~17:00
 電話  072-622-3209

 

南円堂のご本尊の不空羂索観音が左手に持つ投げ網の意味とは?

西國三十三所 9番札所 南円堂のご本尊は不空羂索観音様(ふくうけんさく)です。
このご本尊 不空羂索観音様の左手に握っている物は投げ網で羂索(けんさく)と呼ばれるものです。
この羂索(けんさく)をもっている意味をご存知でしょうか。
また、ご本尊は鹿柄の衣を着られています。
この鹿柄の衣を着られている意味もあるんですよ。
そこで今回は、西國三十三所 9番札所 南円堂のご本尊 不空羂索観音についてご紹介致します。
西國三十三所 9番札所 南円堂

南円堂のご本尊の不空羂索観音が左手に持つ投げ網の意味とは?

西國三十三所 9番札所 南円堂

西國三十三所 9番札所 南円堂のご本尊は不空羂索観音様(ふくうけんさく)です。
このご本尊 不空羂索観音様の左手に握っている物は投げ網で羂索(けんさく)と呼ばれるものです。
この羂索とは、狩りに使う投げ縄で、あらゆる願いを残らず救いとり、必ずや成就させるということを意味しています
また、ご本尊は鹿柄の衣を着られています。
鹿柄の衣は修行をあらわすもので、悟りをひらく前のお釈迦さまも着用をされておられました。

 

南円堂の御朱印と御詠歌

南円堂の御朱印と御詠歌をご紹介致します。
こちらが南円堂の御朱印です。
南円堂の御朱印

 

御詠歌

春の日は 南円堂に かがやきて 三笠の山に 晴るるうす雲

 

これだけは見逃すな!南円堂の境内お勧めポイント

南円堂の境内お勧めポイントをご紹介致します。

 オススメのポイント ご本尊 不空羂索観音(ふくうけんさく)
西國三十三所 9番札所 南円堂のご本尊 不空羂索観音をぜひご覧ください。
ご本尊は鎌倉時代に作られ国宝に指定されています。
ご本尊 不空羂索観音が左手に持たれているのが羂索(けんさく)です。
この羂索とは狩りに使う投げ縄で、あらゆる願いを残らず救いとり、必ずや成就させるということを意味しています。
また、ご本尊の身にまとわれているのが鹿柄の衣です。
鹿柄の衣は修行をあらわすもので、悟りをひらく前のお釈迦さまも着用をされておられました。

 

西國三十三所 9番外札 南円堂の情報
 宗派  法相宗大本山
 開基  藤原冬嗣
 御本尊   不空羂索観世音菩薩像
 創建   弘仁4(813)年
 住所  〒630-8213 奈良市登大路町48
 拝観料(入山料)  無料
 駐車場  有 (有料,バス8台・普通自動車67台)
 拝観時間  9:00~17:00
 納経時間  9:00~17:00
 電話  0742-22-7755

 

スポンサードリンク

西國三十三所 札所や番外札所だけをご紹介するサイト「西国三十三所の御朱印と御詠歌 初めての巡礼の旅」です。御朱印と御詠歌の情報を中心に、西國三十三所 札所の見どころやパワースポットなどもご紹介しておりますので巡礼の前にお読み頂ければと存じます。ほかに、関西のお出かけスポットをお探しの場合は、関西お勧めおでかけスポットが南紀白浜アドベンチャーワールドをはじめ、和歌山や奈良、大阪などの情報満載のサイトがオススメです。