スポンサードリンク

岩間寺の御朱印に雷神がご本尊にひざまづいている印がある!その訳は?

西國三十三所  12番札所 正法寺(しょうほうじ)は岩間山にあることから別名岩間寺とも呼ばれているます。
岩間寺は、西國三十三所  12番札所のほか、ぼけ封じ観音第4番札所でもあります。
この岩間寺の御朱印には、雷神がご本尊である千手観世音菩薩にひざまづいている印が押されています。
その雷神がひざまづく理由が寺伝にありました。
そこで今回は、その雷神がひざまづく理由と御朱印、岩間寺の境内お勧めポイントをご紹介致します。
西國三十三所  12番札所 岩間寺

 

岩間寺の御朱印に雷神がご本尊にひざまづいている印がある!その訳は?

岩間寺の御朱印

岩間寺の御朱印に雷神がご本尊にひざまづいている印があります。
この印が押されているのにはこのような理由がありました。


養老6年(722)年 開基 泰澄大師が岩間寺を霊地と定め、堂宇(堂の軒)を建立し、柱の大木で彫刻した千手観世音菩薩を安置したところ、度々の落雷によって堂は焼かれてしまった。泰澄大師は雷神を縛り上げ、今後は決して落ちないこと、岩間寺への参拝者には雷火の災いを除くことを誓わせ清水を湧くようにさせました。それ以来、毎年4月17日には雷神祭が催されるようになりました。


このような理由から雷神がご本尊にひざまづいている印が御朱印に押されているんです(^^♪ 本堂では雷除けのお守りやお札も販売されています。

こちらが岩間寺の御詠歌です。

御詠歌

みなかみは いづくなるらん いわまでら きしうつなみは まつかぜのおと

 

これだけは見逃すな!岩間寺の境内お勧めポイント

西国三十三所番外札所 岩間寺には、本堂や芭蕉の池、西国霊場お砂踏み、護法龍王拝殿などぜひご覧頂きたいお勧めポイントがあります。そこで、岩間寺の境内お勧めポイントをご紹介致します。

 オススメのポイント1 本堂

岩間寺の本堂

御本尊 金銅千手観音立像が安置されています。
この御本尊は、毎夜日没時に厨子を抜け出て人々を救済し、日の出とともに岩間山へ戻る頃には汗まみれくとなっていることから汗かき観音」とも呼ばれています。
残念ながら秘仏のため見ることはできません。

 

 オススメのポイント2 芭蕉の池

岩間寺 芭蕉の池

岩間寺 芭蕉の池

芭蕉の池は、あの有名な句「古池や蛙飛び込む池の音」を詠んだ場所と言われています。

 

 オススメのポイント3 西国霊場お砂踏み

岩間寺 西国霊場お砂踏み

岩間寺 西国霊場お砂踏み

岩間寺 西国霊場お砂踏み

岩間寺 西国霊場お砂踏み

岩間寺 西国霊場お砂踏み

岩間寺 西国霊場お砂踏み

西国霊場お砂踏みが本堂の奥にあります。
この「お砂踏み」とは、西国33所全ての札所が集められていて、そのお砂を踏むことで巡礼した時と同じ功徳を得られると言われています。

 

 オススメのポイント4 護法龍王拝殿

護法龍王拝殿
護法龍王拝殿には、九頭龍龍王、白龍龍王、七面弁財天ら岩間山に鎮座されている神が祀られています。
長寿のご利益を頂けるそうです。

 

西國三十三所  12番札所 岩間寺の情報
 宗派  真言宗醍醐派
 開基  泰澄大師
 御本尊  千手観世音菩薩
 創建  養老6(722)年
 住所  〒520-0869 滋賀県大津市石山内畑町82
 拝観料(入山料)  500円
 駐車場  有り 無料
 拝観時間  9:00~16:30
 納経時間  9:00~16:30
 電話  077-534-2412

 

花山院は三田にある西国三十三所番外札所 御朱印にはご宝印がある

西国三十三所番外札所 花山院は花山法皇が崩御されるまでお住まいになったところです。
この花山法皇とは、徳道上人により開創された西国三十三所観音霊場をより世に広められた方です。
花山法皇は巡礼開祖とも呼ばれています。
この花山院からの見る有馬富士は絶景で11月末から12月にかけての早朝には雲海を稀に見ることもできます。
そんな花山院の御朱印の中央にはご宝印が押されています。
他の西国三十三所観音霊場とは違った花山院のご宝印もご覧ください。
西国三十三所番外札所 花山法王殿

花山院の御朱印のご宝印と御詠歌

花山院の御朱印です。
その御朱印の中央にはご宝印が押印されています。
ちなみに、このご宝印とは、印の中の梵字は各札所でお祀りされていますご本尊を表し、「人間が作ったものではなく、徳道上人が黄泉(よみ)の国で閻魔(えんま)大王から授かり、再びこの世に持ち帰ったもの」なんです。
西国三十三所番外札所 花山院の御朱印

 

御詠歌

有馬富士ふもとの霧は海に似て波かときけば小野の松風

 

これだけは見逃すな!花山院の境内お勧めポイント

西国三十三所番外札所 花山院には、花山法王殿や七地蔵尊、薬師堂、山門などぜひご覧頂きたいお勧めポイントがあります。そこで、花山院の境内お勧めポイントをご紹介致します。

 

 オススメのポイント1 山門

花山院 山門

駐車場のすぐ隣には山門があります。その山門の左右には立派な仁王像が祀られています。

花山院 山門の仁王立像

 

 オススメのポイント2 花山法王殿

西国三十三所番外札所 花山法王殿

木造の花山法皇像が祀られている本堂があります。

 

 オススメのポイント3 七地蔵尊

花山院 七地蔵尊

「薬師堂」の向かって右側には「幸せの七地蔵尊」が安置されています。七体の地蔵さんは左手にそれぞれの役割を象徴するものを持っており、右手は参拝者が握って願い事ができるように差し出されています。左から「祖父地蔵」、「祖母地蔵」、「父(夫)地蔵」、「母(妻)地蔵」、「子供地蔵」、「結び地蔵」、「賢者地蔵」と並んでいます。

 オススメのポイント4 薬師堂

花山院 薬師堂

ここは西国薬師第21番霊場でもあり、本尊である「薬師如来」が祀られています。

 

西國三十三所 番外札所 花山院の情報
 宗派  真言宗
 開基  法道仙人
 御本尊  薬師如来
 創建  白雉二年(西暦651年)
 住所  〒669-1505兵庫県三田市尼寺352番地
 拝観料(入山料)  無料
 駐車場  有り 普通車500円、マイクロバス以上 1,000円
 拝観時間  8:00~17:00
 納経時間  8:00~17:00
 電話  079-566-0125

 

中山寺は安産祈願のお寺、お宮参りや七五三のお参りも

中山寺は西國三十三所 24番札所で古くから安産祈願の霊場としても有名です。
50歳を過ぎても世継ぎができなかった豊臣秀吉が中山寺で熱心に祈願したところ秀頼を授かりました。
また、幕末期、中山一位局が明治天皇を出産する時に、安産祈願して無事出産したことから、日本唯一の明治天皇勅願所となり、安産の寺として知られるようにもなりました。
中山寺は、古くから今日まで安産祈願の霊場として皇室や豊臣秀吉など武家、庶民より深く信仰を集めているお寺なんです。
そんな子授け祈願や安産祈願で、お宮参り、七五三で多くの人で賑わう中山寺をご紹介致します。
西國三十三所 24番札所 中山寺

中山寺は安産祈願のお寺、お宮参りや七五三のお参りも

中山寺の五重塔

中山寺は西國三十三所 24番札所で古くから安産祈願の霊場としても有名で、地元の方からは中山さんと呼ばれ親しまれています。
この中山寺は聖徳太子が建立したとされる日本最初の観音霊場です。
そのため、現在は西國三十三所 24番札所となっていますが、昔は中山寺が西國三十三所の1番札所でした。
この中山寺は安産祈願のお寺でも有名で、様々な逸話が残っています。
その一つが豊臣秀吉で、50歳を過ぎても世継ぎができなかった豊臣秀吉が中山寺で熱心に祈願したところ秀頼を授かったそうです。
また、幕末期、中山一位局が明治天皇を出産する時に、安産祈願して無事出産されたそうです。
その後、日本唯一の明治天皇勅願所となり、安産の寺として知られるようにもなりました。

 

中山寺の御朱印と御詠歌

中山寺の御朱印です。
御朱印には安産祈願の印が左上に押印されています。
料金は¥300円です。
中山寺の御朱印

 

御詠歌

野をもすぎ 里をもゆきて 中山の 寺へ参るは 後の世のため

「中山寺は安産祈願のお寺、お宮参りや七五三のお参りも」の続きを読む…

スポンサードリンク

西國三十三所 札所や番外札所だけをご紹介するサイト「西国三十三所の御朱印と御詠歌 初めての巡礼の旅」です。御朱印と御詠歌の情報を中心に、西國三十三所 札所の見どころやパワースポットなどもご紹介しておりますので巡礼の前にお読み頂ければと存じます。ほかに、関西のお出かけスポットをお探しの場合は、関西お勧めおでかけスポットが南紀白浜アドベンチャーワールドをはじめ、和歌山や奈良、大阪などの情報満載のサイトがオススメです。