スポンサードリンク




葛井寺の御朱印と十一面千手千眼観世音菩薩坐像の御開帳日

Facebook にシェア

LINEで送る
Pocket



葛井寺の御本尊は、「十一面千手千眼観世音菩薩」です。
文字通り゛千の手”と”千の目”を持つ千手観音像です。
しかも頭上に十一面をもつ観音様です。
日本の一般的な千手観音は四十二手とされますが、葛井寺の御本尊は40本の大手に、クジャクのような1001本の小手を持ちます。
実際に1000本もの手を持つのはここ葛井寺だけなんです。
そんな神秘的で尊い葛井寺の御朱印と十一面千手千眼観世音菩薩坐像の御開帳日をご紹介致します。
葛井寺本堂

 

葛井寺の御朱印と御詠歌

こちらが葛井寺の御朱印です。
葛井寺の御朱印

御詠歌

参るより 頼みをかくる 葛井寺 花のうてなに 紫の雲

葛井寺の十一面千手千眼観世音菩薩坐像の御開帳

十一面千手千眼観世音菩薩坐像の御開帳の日は毎月18日と8月9日です。
現存する千手観世音で、実際に千本の手がある観世音はまれで、ここ葛井寺の千手千眼観世音菩薩は唐招提寺金堂像とともに大小千本の手があります。
しかも天平時代の乾漆造りで中は空洞になっています。
残念ながら十一面千手千眼観世音菩薩様の写真を撮ることができませんがそのお姿に圧倒されますのでぜひ一度お参りすることをオススメ致します。

 

西國三十三所 5番札所 葛井寺の境内の様子

葛井寺は街中にあり、急な坂や階段も無くとてもお参りしやすいお寺です。
境内をゆっくり見てお参りにしても1時間から1時間半ぐらいでまわれてしまいます。
西國三十三所 5番札所 葛井寺の境内の様子

 

葛井寺の境内には仁王像がある南大門や護摩堂、大師堂、阿弥陀二十五菩薩堂、本堂などがあります。
こちらが南大門です。
南大門の左右には仁王像がありその裏側には仏絵が飾られています。
西國三十三所 5番札所 葛井寺 南大門

西國三十三所 5番札所 葛井寺 南大門の裏側にある絵巻

 

南大門を通り抜けたところの左手に阿弥陀二十五菩薩堂があります。
この阿弥陀二十五菩薩堂には阿弥陀如来立像を中心に、両脇侍に聖観音立像、勢至菩薩立像はじめ二十五菩薩像が安置されています。
西國三十三所 5番札所 葛井寺 阿弥陀二十五菩薩堂

 

その向かいにあるのが大師堂です。
西國三十三所 5番札所 葛井寺 大師堂

 

本堂は、十一面千手千眼観世音菩薩坐像の御開帳日の毎月18日と8月9日は多くの参拝者で賑わいます。

西國三十三所 5番札所 葛井寺 本堂

 

西國三十三所 5番札所 葛井寺の情報
 宗派  真言宗御室派
 開基  行基
 御本尊  十一面千手千眼観世音菩薩
 創建  神亀2(725)年
 住所  〒583-0024 大阪府藤井寺市藤井寺1丁目
 駐車場  ナシ
 拝観時間  8:00~17:00
 納経時間  8:00~17:00
 電話  072-954-1111, 072-938-0005

 

[スポンサードリンク]



コメントを残す