スポンサードリンク




勝尾寺の御朱印には「だるま」が押印!「だるま」の意味とは!?

Facebook にシェア

LINEで送る
Pocket



西國三十三所 23番札所 勝尾寺に入山されると広大で綺麗な庭園の風景が広がります。その勝尾寺に入山されると境内のあちらこちらで大小さまざまな「だるま」を見かけます。
大きいものから小さな「だるま」まで、建物の隙間や参道の石の上、隙間に「だるま」が置かれています。
また勝尾寺の御朱印にも「だるま」が押印されています。
実は勝尾寺は「だるま」と縁がありそこには意味があったんです。
そこで今回は、勝尾寺と「だるま」の意味や御朱印をご紹介致します。
勝尾寺の勝運ダルマ(かちうん)

勝尾寺の御朱印には「だるま」が押印!「だるま」の意味とは!?

勝尾寺の御朱印

勝尾寺に入山されると境内のあちらこちらで大小さまざまな「だるま」を見かけます。
大きい「だるま」から小さな「だるま」まで、建物の隙間や参道の石の上、隙間に「だるま」が置かれています。
勝尾寺の御朱印にも「だるま」が押印されています。
このダルマは、『勝運ダルマ(かちうん)』と呼ばれています。
それは、平安時代、この寺の祈願力に時の朝廷 清和天皇の権力が及ばなかったことから「勝王寺」とも呼ばれ、勝運信仰が始まりました。
この勝運だるまの大きさでご利益が決まる訳ではなく、この勝運だるまは、「あなた自身の映し鏡」とされています。

成就したいと思うことに日々努力しているか
ご両親やご先祖様、周囲の人たちに感謝しているか
自身の命を懸命に生きているのか
などなど己に勝ち、願いを成就させることがこの『勝運だるま』のお教えなんです。


ご朱印代金は¥300円です。

また、西國三十三所 23番札所 勝尾寺もご紹介致します。

御詠歌

重くとも 罪には法の 勝尾寺 ほとけを頼む 身こそやすけれ

 

これだけは見逃すな!勝尾寺の境内お勧めポイント

西國三十三所 23番札所 勝尾寺には、本堂や山門、大師堂、三寶荒神社(さんぽうこうじんじゃ)、二階堂、多宝塔、弁天堂、パワースポットなどぜひご覧頂きたいお勧めポイントがあります。そこで、勝尾寺の境内お勧めポイントをご紹介致します。

 オススメのポイント1 山門

勝尾寺の山門

山門の左右には仁王立像があります。
山門をくぐると弁天池があり、山の霊水が霧状に吹き出していて、その中を進んで行くと自然と心が和みます。

 オススメのポイント2 本堂
勝尾寺の本堂

ご本尊は十一面千手観世音菩薩です。
毎月18日観音縁日法要があり、この日だけご本尊がご開帳されます。

 オススメのポイント3 大師堂

勝尾寺の大師堂

この大師堂を取り込むように四国八十八か所すべてのお砂踏みがあります。

勝尾寺の大師堂にある四国八十八か所のお砂踏み

 

 オススメのポイント4 三寶荒神社(さんぽうこうじんじゃ)

勝尾寺の三寶荒神社(さんぽうこうじんじゃ)

厄払い荒神様です。
勝尾寺は厄払いでも有名で多くの方がお参りに来られています。
また、境内にはお祈りや護摩のお経が絶えることなく流れています。

 

 オススメのポイント5 二階堂

勝尾寺の二階堂

二階堂は、浄土宗の開祖 法然上人(ほうねんしょうにん)の最後の修行の地で約4年間過ごしました。

 

 オススメのポイント6 多宝塔

勝尾寺の多宝塔

二階堂の前を通って降りて行くと多宝塔があります。
軒下には動物の彫物がある細かい細工がされている多宝塔です。

 

 オススメのポイント7 弁天堂

勝尾寺の弁天堂

多宝塔からゆるい坂道を降りると、目の前には弁天池の中に浮かぶ弁財天のお社『弁天堂』があります。

 

 オススメのポイント8 パワースポット 知恵の環

勝尾寺のパワースポット 知恵の環

弁天堂のすぐそばには、大自然から力をもらえるパワースポット『知恵の環』があります。

 

西國三十三所 23番外札 勝尾寺の情報
 宗派  真言宗
 開基  開成皇子
 御本尊  十一面千手観世音菩薩
 創建  神亀4(724)年
 住所  〒562-8508 大阪府箕面市勝尾寺
 拝観料(入山料)  一般大人400円 子供 (小・中)300円
 駐車場  有 (約350台)※普通車の場合 2時間¥500円、小型・マイクロバスは¥1000円です。以降1時間毎に100円が追加。
 拝観時間  平日 8:00~17:00/土 8:00~17:30/日祝 8:00~18:00
 納経時間  平日 8:00~17:00/土 8:00~17:30/日祝 8:00~18:00
 電話  072-721-7010

 

[スポンサードリンク]



コメントを残す