スポンサードリンク




長谷寺の御朱印には牡丹の花が押印!見どころは登廊と牡丹・紫陽花・紅葉

Facebook にシェア

LINEで送る
Pocket



長谷寺の御朱印には牡丹の花が押印されています。
と言うのもこの長谷寺には牡丹が150種 7,000株も植えられていて、その咲き誇る様子は圧巻。
毎年4月には多くの参拝客や観光客で賑わいます。
また、紫陽花も2、500株を超えて植えられていて見る人を魅了します。
そのほか、長谷寺の見どころには「登廊(のぼりろう)」もあります。
この登廊は、平安時代 長歴三年(1039年)に春日大社の社司 中臣信清が子の病気平癒の御礼に造ったもので、百八間、三九九段、上中下の三廊に分かれていて壮大かつ綺麗な建物です。
そんな魅力満載な長谷寺の御朱印から登廊までご紹介致します。
長谷寺の牡丹

西國三十三所 8番札所 長谷寺の御朱印と御詠歌

長谷寺の御朱印には牡丹の花が押印されています。
と言うのもこの長谷寺には牡丹が150種 7,000株も植えられていて、毎年4月には多くの参拝客や観光客で賑わいます。
そのシンボルともなっている牡丹の花が御朱印に押印されています。
西國三十三所 8番札所 長谷寺の御朱印

 

御詠歌

いくたびも 参る心は はつせ寺 山もちかいも 深き谷川

これだけは見逃すな!長谷寺の境内お勧めポイント

長谷寺は境内一杯に咲き乱れる牡丹や紫陽花、秋の紅葉がとても綺麗で有名です。
ですのでぜひ4月の牡丹、7月の梅雨、9月の紅葉は見逃さずぜひ参拝されることをお勧め致します。
そのほか長谷寺には多くの人々を魅了する仏閣がありますのでぜひご覧ください。

 オススメのポイント1 長く続く廊下「登廊(のぼりろう)」

長谷寺には、「登廊(のぼりろう)」と呼ばれる長い廊下があり本堂まで続いています。
この登廊は、平安時代 長歴三年(1039年)に春日大社の社司 中臣信清が子の病気平癒の御礼に造ったもので、百八間、三九九段、上中下の三廊に分かれています。
実に趣があって厳かな気持ちでにもなれる建物です。
長谷寺の長く続く廊下「登廊(とろう)」

長谷寺の長く続く廊下「登廊(とろう)」

 

 オススメのポイント2 仁王門

長谷寺の玄関である仁王門の両脇には仁王立像があります。
この仁王門の正面の額字は後陽成天皇の直筆です。

長谷寺の仁王門

長谷寺の仁王門

 

 オススメのポイント3 本堂

長谷寺の本堂です。
本堂からの景色も最高です。

長谷寺の本堂

長谷寺の本堂からの景色
 オススメのポイント4 五重塔

本堂に向かって右側には五重塔が立っています。
昭和29年に建てられた五重塔で、周りの山々にとけ込みだ情緒ある五重塔です。

長谷寺の五重塔

 

長谷寺の駐車場

長谷寺には無料の駐車場がありませんので、近くの有料駐車場を利用します。
料金は、1回あたり500円です。
こちらが12時間で500円です。

長谷寺の駐車場

こちらが私のオススメの1回あたり500円の駐車場です。
この駐車場から歩いて約3分で長谷寺に到着です。

長谷寺の駐車場

 

西國三十三所 8番札所 長谷寺の情報
 宗派  真言宗豊山派(総本山)
 開基  徳道上人
 御本尊  十一面観世音菩薩
 創建  朱鳥元(686)年
 住所  〒633-0112 奈良県桜井市初瀬731-1
 拝観料(入山料)  大人500円, 小人250円 / 団体30名以上 大人450円,中・高生350円,小学生200円
 駐車場  ナシ 近くの有料駐車場を利用
 拝観時間 (4月~9月)8:30~17:00, (10月~3月)9:00~16:30
 納経時間 (4月~9月)8:30~17:00, (10月~3月)9:00~16:30
 電話  0744-47-7001

 

[スポンサードリンク]



コメントを残す