スポンサードリンク

総持寺の御朱印に、なぜ亀に乗った少年が押印されているの?

西國三十三所 22番札所 総持寺は大阪府茨木市にあります。
この総持寺の御朱印は他の寺院では見かけない珍しい御朱印で亀に乗った少年が押印されてます。
また、総持寺の秘仏である御本尊 千手千眼観世音菩薩様も亀と関係があるんです。
そうなんです、実は総持寺は亀ととても縁深いお寺なんです。
そこで総持寺の御朱印に、なぜ亀に乗った少年が押印されているのか、御本尊 千手千眼観世音菩薩様と亀の関係とはもご紹介致します。
西國三十三所 22番札所 総持寺

総持寺の御朱印に、なぜ亀に乗った少年が押印されている?

 
総持寺の御朱印に、なぜ亀に乗った少年が押印されているの? また、総持寺の秘仏である御本尊 千手千眼観世音菩薩様と亀との関係は?


総持寺の御朱印

総持寺の御朱印の左上に亀に乗った少年の印が押されています。
この子供は、総持寺を建てられてた藤原山蔭(ふじわらのやまかげ)です。
なぜ藤原山蔭が亀に乗っているのかと言うと、藤原山蔭が幼い頃、大阪の淀川で溺れかけた時に、父が以前助けた亀に藤原山蔭が助けられたことから亀に縁があり、印にも利用をされているんです。
この亀の恩返しの説話は今昔物語にも記されています。
亀は秘仏である御本尊 千手千眼観世音菩薩 をも乗せています。
通常、千手千眼観世音菩薩は蓮(はす)の上に乗られているものですが、ここ総持寺の御本尊は亀に乗られていて非常に珍しい御本尊です。

 

御詠歌

おしなべて 老いも若きも 総持寺の ほとけの誓い 頼まぬはなし

 

これだけは見逃すな!総持寺の境内お勧めポイント

西國三十三所 22番札所 総持寺には、本堂はじめ山門、大師堂、普悲観音堂、金堂、大師堂、宝蔵、鎮守社など多くの建物や仏像を拝観することができます。
どれも貴重で有難いものばかりです。
そこで、総持寺の境内お勧めポイントをご紹介致します。

 オススメのポイント1 山門

山門の両脇には仁王立像があります。
現在の山門は戦国時代にほとんどが焼けてしまったため、18世紀初頭に造られたものです。
総持寺の山門

 オススメのポイント2 本堂

山門をとおり抜けると目の前に本堂があります。
御本尊 千手千眼観世音菩薩が祀られています。
西國三十三所 22番札所 総持寺

 オススメのポイント3 普悲観音堂

ぼけ封じの普悲観音像が中央に立たられている普悲観音堂には、西国三十三ヶ所と四国八十八ヶ所のすべての札所のご本尊を刻んだ石仏がならんでいます。
総持寺の普悲観音堂

総持寺の普悲観音堂

 オススメのポイント4 金堂

金堂には薬師如来像が祀られています。
総持寺の金堂

 オススメのポイント5 宝蔵

宝蔵は日本最小のあぜくら作りの建物です。
総持寺の宝蔵

 オススメのポイント6 鎮守社(ちんじゅしゃ)

豊かな装飾でとても貴重な建物です。
総持寺の鎮守社(ちんじゅしゃ)

 

西國三十三所 22番外札 総持寺の情報
 宗派  高野山真言宗
 開基  中納言藤原山蔭
 御本尊  千手観世音菩薩
 創建  寛平2(890)年
 住所  〒567-0801 大阪府茨木市総持寺1-6-1
 拝観料(入山料)  無料
 駐車場  有 (約20台)有料のコインパーキングになります。
 拝観時間  6:00~17:00
 納経時間  8:00~17:00
 電話  072-622-3209

 

南円堂のご本尊の不空羂索観音が左手に持つ投げ網の意味とは?

西國三十三所 9番札所 南円堂のご本尊は不空羂索観音様(ふくうけんさく)です。
このご本尊 不空羂索観音様の左手に握っている物は投げ網で羂索(けんさく)と呼ばれるものです。
この羂索(けんさく)をもっている意味をご存知でしょうか。
また、ご本尊は鹿柄の衣を着られています。
この鹿柄の衣を着られている意味もあるんですよ。
そこで今回は、西國三十三所 9番札所 南円堂のご本尊 不空羂索観音についてご紹介致します。
西國三十三所 9番札所 南円堂

南円堂のご本尊の不空羂索観音が左手に持つ投げ網の意味とは?

西國三十三所 9番札所 南円堂

西國三十三所 9番札所 南円堂のご本尊は不空羂索観音様(ふくうけんさく)です。
このご本尊 不空羂索観音様の左手に握っている物は投げ網で羂索(けんさく)と呼ばれるものです。
この羂索とは、狩りに使う投げ縄で、あらゆる願いを残らず救いとり、必ずや成就させるということを意味しています
また、ご本尊は鹿柄の衣を着られています。
鹿柄の衣は修行をあらわすもので、悟りをひらく前のお釈迦さまも着用をされておられました。

 

南円堂の御朱印と御詠歌

南円堂の御朱印と御詠歌をご紹介致します。
こちらが南円堂の御朱印です。
南円堂の御朱印

 

御詠歌

春の日は 南円堂に かがやきて 三笠の山に 晴るるうす雲

 

これだけは見逃すな!南円堂の境内お勧めポイント

南円堂の境内お勧めポイントをご紹介致します。

 オススメのポイント ご本尊 不空羂索観音(ふくうけんさく)
西國三十三所 9番札所 南円堂のご本尊 不空羂索観音をぜひご覧ください。
ご本尊は鎌倉時代に作られ国宝に指定されています。
ご本尊 不空羂索観音が左手に持たれているのが羂索(けんさく)です。
この羂索とは狩りに使う投げ縄で、あらゆる願いを残らず救いとり、必ずや成就させるということを意味しています。
また、ご本尊の身にまとわれているのが鹿柄の衣です。
鹿柄の衣は修行をあらわすもので、悟りをひらく前のお釈迦さまも着用をされておられました。

 

西國三十三所 9番外札 南円堂の情報
 宗派  法相宗大本山
 開基  藤原冬嗣
 御本尊   不空羂索観世音菩薩像
 創建   弘仁4(813)年
 住所  〒630-8213 奈良市登大路町48
 拝観料(入山料)  無料
 駐車場  有 (有料,バス8台・普通自動車67台)
 拝観時間  9:00~17:00
 納経時間  9:00~17:00
 電話  0742-22-7755

 

法起院の御朱印に閻魔大王が押印されている訳とは!?

法起院は、西国三十三所番外札所です。
この番外札所とは番号のついていないが西国三十三所巡礼に縁がある寺院のことです。
たとえば、今回ご紹介する法起院もそのひとつで、西国三十三所を開いた徳道上人(とくどうしょうにん)をお祀りしている寺院なんです。
御詠歌もちゃんとあるんですよ。
この法起院の御朱印には閻魔大王が押印されています。
なんか不思議な感じがしますがそれには理由があります。
そこで今回は法起院の御朱印や御詠歌、駐車場の情報をお届け致します。

法起院

法起院の御朱印に閻魔大王が押印されている訳

 
法起院の御朱印に閻魔大王が押印されているのはなぜ?


法起院の御朱印に閻魔大王が押印されているには理由があります。
それは、長谷寺の開基であった徳道上人(とくどうしょうにん)が亡くなり、あの世に赴いたが、閻魔大王から「西国三十三所を世にひろめろ」と命を受け再びこの世に死後7日目に戻されました。このような逸話があり閻魔大王との関係から御朱印に押印されているんです(^^♪
法起院の御朱印

 

御詠歌

極楽は よそにはあらじ わがこころ おなじ蓮(はちす)の へだてやはある

 

これだけは見逃すな!法起院の境内お勧めポイント

西国三十三所を開いた徳道上人の塔頭(たっちゅう)がある法起院の境内お勧めポイントをご紹介致します。

 オススメのポイント1 仏足石

仏足石とは、お釈迦さまの足跡を石に刻み信仰の対象としていたものです。
この仏足石は壷阪寺のご厚意によりインドで作成されたものです。
法起院の仏足石

 

法起院の駐車場情報

法起院には駐車場がありませんので、近くの有料駐車場を利用します。
法起院から長谷寺へは徒歩5分ぐらいですので、1回の駐車で長谷寺と法起院の両方を回ることができます。

料金は1回あたり12時間 500円です。

長谷寺の駐車場

こちらが私のオススメの1回あたり500円の駐車場です。
この駐車場から歩いて約3分で長谷寺に到着、法起院へも歩いて3分ほどです。

長谷寺の駐車場

 

西國三十三所 番外札所 法起院の情報
 宗派  真言宗豊山派(総本山)
 開基  徳道上人
 御本尊  徳道上人
 創建  天平7年(735)年
 住所  〒633-0112 奈良県桜井市初瀬776
 拝観料(入山料)  無料
 駐車場  ナシ 近くの有料駐車場を利用
 拝観時間 (3/20~11/30) 08:30~17:00, (12/1~3/19) 09:00~16:30
 納経時間 (3/20~11/30) 08:30~17:00, (12/1~3/19) 09:00~16:30
 電話  0744-47-8032

 

スポンサードリンク